夕立に笑われて

愛媛の大学生が、大好きな地元のことを紹介したり、旅行の記録を綴るよ。

愛媛に来たら、まず「道後」に行こう!

スポンサーリンク

どうも。

愛媛大好き・純愛媛県民のShunです。

 

最近は、愛媛県の記事しか書いていなかったので別の記事も書こうかと思っていたのですが、やっぱり愛媛縛りでいきたいと思います。(笑)

 

※直近の愛媛の記事はこちら(みかんの記事だよ🍊)⇩

www.iyonorevolutionist.com

 

 そして今回は、愛媛といえばみかんと並ぶ「2大シンボル」ともいわれる、松山市道後をご紹介したいと思います!

 

日本最古湯の一つ。

3000年の歴史を持つ「道後温泉

 

県外の方にもおなじみの道後温泉は、愛媛県松山市の中心街から市内電車で15分ほど走ったところにあります。

※車でも行けますが、道後の「地ビール🍺」や地酒🍶を飲んでみたい方は、電車で行くことをお勧めします!

f:id:iyonorevolutionist:20180919000715j:image

 

こちらが、降車場所である「道後温泉駅」。

市内電車は、大人160円/子供80円一律で、目的地まで行くことができますよ!

 

そして注目はこちら。

松山市内を走る市内電車の一つ「坊ちゃん列車」です。

 

f:id:iyonorevolutionist:20180919000727j:image

 

なんとこのクラシックな列車、松山市内を通常の市内電車と同じように走っています🚋

見られたらとてもラッキー!もちろん乗ることも可能です。

 

 

そしてこちらも、道後の観光名物の一つ。

名付けて、「からくり時計台」

f:id:iyonorevolutionist:20180919000722j:image

通称「坊ちゃんからくり時計」といわれる、こちらの時計台は道後温泉本館建設100周年を記念して建てられました。

午前8時~午後10時まで、1時間おきに夏目漱石の小説「坊ちゃん」のキャラクターが登場します。

 

時間直前には、多くの観光客で時計台の前は賑わっています⏰

 

 

道後温泉本館

‐ 3000年の歴史をあなたも体験してみませんか。-

 

そして本丸!

こちらが道後温泉の正面玄関になります。

 

右の列をなしている所が、入浴券や入浴後の館内で休憩スペースを利用するための整理券が販売されている所です。
f:id:iyonorevolutionist:20180919000719j:image

僕が訪れたときは午後5時半でしたが、すでに入浴券以外は売り切れていました…(笑)

 

そしてこの本館を横からみるとこんな感じです⇩
f:id:iyonorevolutionist:20180919000711j:image

夕方~夜にかけて訪問してみると、歴史と伝統ある道後温泉本館の風情ある姿をより一層体感できること間違いなしです。

※あのジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったといわれているのも、こちらの道後温泉の楽しみ方のひとつです!

 

こちらは、からくり時計台から道後温泉本館まで伸びる「道後商店街」⇩
f:id:iyonorevolutionist:20180919000731j:image

湯上りに浴衣で歩いている人もたくさんいて、温泉街の雰囲気を余すことなく堪能できますよ。

 

また、道後ならではのお土産屋さんもたくさんそろっています!

 

こちらは「お豆専門店」の豆吉本舗さん。

f:id:iyonorevolutionist:20180919214915j:image

カラフルで豊富な種類の味のお豆が楽しめるほか、愛媛ならではのみかん味もあったりします!

 

そしてこちら。

かわいいトトロがお出迎えをしてくれる「どんぐりの森」⇩

f:id:iyonorevolutionist:20180919215114j:image

道後温泉」の駅看板と一緒に、記念写真を撮られる方もたくさんいらっしゃいます。

この機会に、ぜひみなさんもかわいいトトロと写真を撮ってみてくださいね📷

 

 

最後に

 

今回は、愛媛県の筆頭観光地ともいえる、「道後」をご紹介しました。

しかし、今回ご紹介したのはまだまだほんの一部です。

由緒ある道後の温泉ホテル♨や、縁結びの神社(近々紹介の記事書きますね!)など、まだまだ見どころ満載です!

 

是非皆さんも、愛媛県に来る際は道後にお立ち寄りくださいね!

スポンサーリンク