夕立に笑われて

愛媛の大学生が、大好きな地元のことを紹介したり、旅行の記録を綴るよ。

愛媛県の絶品「宇和島鯛めし」が食べられる場所 - かどや -

スポンサーリンク

皆さんは、愛媛県と聞いて何を思い浮かべますか?

 

道後温泉ですか?

それとも愛媛県といえば「みかん」ですか?

 

愛媛県の紹介記事はこちらより!

www.iyonorevolutionist.com

 

もちろんそれらも有名な愛媛県の観光地、特産品ですが、僕が一番推したいのが愛媛県の県魚でもある「真鯛」です!

 

漁獲高は日本一を誇るとも言われており、県外で食べる真鯛よりもよりお手頃で、新鮮な真鯛を堪能できるお店がたくさんあります!

 

今回はそんな新鮮な真鯛を、県内でも最も真鯛が獲れる宇和島市での伝統的な食べ方である、「宇和島鯛めし」をご紹介したいと思います。

 

 

☆アクセスも抜群☆

宇和島鯛めしといえば、「かどや」

 

 

飲食店が立ち並ぶ松山の中心地「大街道商店街」と、歴史と由緒ある皆さんご存知「道後温泉」の商店街の2店舗が松山市内にはあります。

 

世間は三連休。

多くの観光客で賑わう道後のかどやさんでは、特に行列ができていました。

 

ということで、松山市街地のかどやさんを訪問。

 

まずは「地ビール」である道後ビールで乾杯。

f:id:iyonorevolutionist:20180916233907j:image 

ドイツの製造製法を取り入れた、ケルシュタイプのビールは、濃厚なビールの旨味を感じることができました。

 

続いて、「地海老の唐揚げ」

サクサクで香ばしくて、とっても美味しかったです!
f:id:iyonorevolutionist:20180916233915j:image

 

そしていよいよ、「宇和島鯛めし」!

 

皆さんは、「鯛めし」と聞くと、鯛の身をほぐしたものをご飯と混ぜて炊き込みご飯のようなものを想像するのではないでしょうか?

 

 

しかし、宇和島鯛めしは違います。

f:id:iyonorevolutionist:20180916233923j:plain

鯛のお刺身を、出汁にその場で漬け込み、あったかいご飯にのせて、その上からさらに出汁をかけていただきます。

 

これが、愛媛県民なら誰でも一度は食べたことがあるという、「宇和島鯛めし」です!

 

あまり県外の人には知られていない料理かもしれませんが、愛媛県にお越しの際は是非食べて見てくださいね(^^)

スポンサーリンク