夕立に笑われて

愛媛の大学生が、大好きな地元のことを紹介したり、旅行の記録を綴るよ。

水揚げ直後の「生しらす」を堪能…!佐田岬の絶品しらす丼。

スポンサーリンク

どうも、愛媛大好き大学生のShunです。

 

前回まで、愛媛県の観光シンボルともいえる「道後」の特集をしてきました!

※道後の記事はこちらより⇩

www.iyonorevolutionist.com

www.iyonorevolutionist.com

 

そして今回からは、道後から離れて四国の最西端にある「佐田岬半島」から、とっても新鮮なグルメ情報をお届けしたいと思います!

 

佐田岬半島」ってどこ?

 

はじめに佐田岬半島のご紹介。

佐田岬半島は、愛媛県伊方町にある半島で、「日本一細長い半島」としても知られ、その長さは全長約40kmにもなります。

 

※今回訪問した場所からの海の様子です。

f:id:iyonorevolutionist:20180918234908j:image

 

波が穏やかな瀬戸内海と、内海である宇和海に面するこちらの半島では、豊富な海の幸を直送で楽しめるスポットがたくさん存在します!

 

そして今回は、そんな鮮度抜群の海鮮料理を堪能できる、佐田岬半島のおすすめグルメをご紹介します!

 

"生しらす"に舌鼓

鮮度抜群のしらすを堪能できる佐田岬の鬼」

 

早速紹介タイトルがなんとも豪快で、「鬼ってなんだ。笑」と心の中で笑っていたのですが、実際に現地に訪れてみると…


f:id:iyonorevolutionist:20180918234918j:image

 

佐田岬"鬼"

 

 

ほんとに書いてました。すみません。

 

というのは半分冗談で(笑)、この佐田岬の鬼と呼ばれるオススメグルメスポットは、「しらす食堂」と呼ばれて、多くの観光客でにぎわっていました!
f:id:iyonorevolutionist:20180918234912j:image

こちらのしらす食堂さんは、先ほどの海が目の前に広がっていて、そこで獲れた鮮度100%の「しらす丼を堪能できるのが最大のポイント。

 

ここで、中の人を悩ませる究極の決断が…!

 

 

このお店の目玉である「しらす」ですが、なんとおススメが…⇩

 

f:id:iyonorevolutionist:20180918234915j:image

 

・生のしらすにポン酢をさっとかけていただく、「生しらす丼」

・さっと塩で釜揚げされた、しらす本来の味を楽しめる「釜揚げしらす丼」

 

みなさんならどちらを選びますか…!?

 

 

 

 

僕は、悩みに悩んだ挙句、こちらを選びました…!


f:id:iyonorevolutionist:20180918234921j:image

 

そう。「生しらす」です。

 

こちらは「生しらす御膳」と呼ばれるセットメニューです。

 

鮮度抜群の生しらすをふんだんに使った丼と、てんぷらのかき揚げにもしらすが入っています(さらには蟹もついてきます)。そして箸休めにも、しらア技もすという、まさにしらす尽くし。

 

早速実食。

 

生のしらす丼は、しらすのプチっとした触感と天然ものの鮮度を堪能しながら、噂通りの絶品でした。

 

 

また「ポン酢を丼にかける」という、お店のママたちが勧めてくださった裏技も、よりしらす丼をあっさりと、しかししらすの新鮮さを残しながら、ぺろりと食べてしまいました。(箸休めももちろん美味でした)

 

最後に

 

今回は、愛媛県伊方町佐田岬半島に位置する絶品しらすグルメをご紹介しました!

 

アクセスは車がないと少し厳しいかもしれませんが、愛媛県らしく「サイクリング」で訪れてみてもいいかもしれません。

 

是非皆さんも、愛媛県にきて「ちょっと遠出したいな」と感じたら、

 

ぜひ「佐田岬の鬼 しらす食堂」まで、足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク