夕立に笑われて

愛媛の大学生が、大好きな地元のことを紹介したり、旅行の記録を綴るよ。

今年もあと2か月、新しいことを始めたよ。

スポンサーリンク

 

11月になりました。

 

 

なんだか今年もあっという間の1年間だったように感じますね。 

今年もいろんなことがありましたね。

 

アメリカのディズニーから帰国

 

個人的ニュースとしては、新年をアメリカのフロリダで迎えるなど春先までディズニー尽くしの時間を過ごしておりました。

 

www.iyonorevolutionist.com

 

昨年1月末から今月2月末までの約13か月間。

学生時代にアメリカのディズニーで働けた経験は、楽しいこと辛いことたくさんありましたが今振り返るととってもいい思い出です。

 

迎えた「就活」というリアル。

 

そして帰国後、迎えた「就活」。

これからのファーストキャリアを決める上での大切な時期に直面しました。

 

www.iyonorevolutionist.com

 

 

語りつくせないことはたくさんありますが、まずはたくさんのことを勉強させてもらった就職活動。

最終的に納得のできる内定先をいただくことができて、育ててくれた両親に最低限の恩返しはできたかな、と考えたりしていました。

 

 

そして就職活動と並行して、東京と愛媛を往復する生活も3ヶ月間ほど経験しました。

 

www.iyonorevolutionist.com

 

ずっと愛媛で育ってきた僕にとって、短い期間ではありましたが、都会での時間はいろんな景色を見ることができた時間でした。

 

 

 

 

 

西日本豪雨災害

 

しかし時を同じくして、日本に甚大な被害を及ぼした西日本豪雨災害。

 

愛媛県も大きな被害を受けました。

地元松山の被害は少なかったのですが、それでも日本一天候の影響を受けずらいといわれている愛媛県(特に南予地域)で、河川の増水や浸水などで大洪水が発生し、多くの人が犠牲となりました。

 

その後は被災地復興のために、自分も仮設住宅の建設ボランティアなどに参加しました。

 

 

「愛媛は絶対大丈夫」と考えていた自分にとって、災害をものすごく身近に感じた、どうしようもない自然という魔物の怖さを思い知らされた今年の夏でした。

 

 

夏が終わり松山に戻ってきてからは、卒業に向けた卒業論文の制作や地元の日本酒(地酒)を発信するための活動に精を出すようになりました。

 

www.iyonorevolutionist.com

 

「お金もためねば」ということで、派遣のアルバイトも始めたりしました。

 

www.iyonorevolutionist.com

 

夏の間、都会の満員電車や人の多さに辟易としていた自分にとっては、「やっぱり愛媛っていいなあ」と思ったりしましたが、春からの新生活ではそうも言ってられないかもしれないなと、今から心の準備もしていきたいと思います。

 

 

新しいことを始めたよ

 

 

そんなこんなで11月になっていました。

学生生活も残り5か月となりましたが、やっぱりお金は貯めなければいけません。

 

ということで、前置きが長くなりましたが、派遣業務の一環として新しく今日から「コールセンター」でのアルバイトを始めました。

 

1月までの短期契約ですが、卒業までにお金を貯めて、また旅行とかやりたいことに使っていけたらいいなって考えたりしています。

 

 

特にコールセンターについて書くことはまだないので(笑)、進捗があればつらつらと書いてみたいと思います。

 

 

なんだか思い出の振り返りみたいになってしまいましたが、今日はこんな感じ。

 

 

ではでは~!

スポンサーリンク